P3 art and environment

GALLERY BOX

vol. 18 2010.12.6 - 2011.2.28
Cosmic Harbor - 野口一将

18回目にあたる今期は、美術家であり建築デザイナーの野口一将が取り組みます。
動物の有機的なフォルムを幾何学的に解釈したオブジェのシリーズは、2次元、3次元上での設計を繰り返しながらかたちを現わします。 平面とエッジを強調した動物たちによって構成されるリズミックな空間 は、奥行き感を惑わすギミックが見所です。本展では、横浜ベイクォーターを一艘の宇宙船、ギャラリーBOXのウィンドウを宇宙船の窓とみたて、広大に広がる宇宙空間を演出。限りなく近いところに広がっているようで、限りなく遠いところのある世界が、ギャラリー通路に点在する 窓からこの場所とリンクします。
   
vol. 17 2010.9.2 - 2010.11.29
沖浜 - ATORON

第17回目となる今秋は、沖縄を拠点に活動する友寄司・エノビ☆ケイコが海を渡って横浜にやって来ます☆☆
POPな色彩と沖縄で生まれ育ったからこそにじみ出る感覚で活躍する二人は、自由な「遊び」を持ち合わせた作品を創り出します。カラフルで思わず顔がほころぶ、懐かしいものがBOXに並びます。3F:友寄司のガールズイラスト作品、4F:エノビ☆ケイコの線画作品、5F:コラボレーション作品と、フロアごとに異なる世界を楽しめます。新しい沖縄のポップカルチャーを体感してください。
   
vol. 16 2010.6.4 - 2010.8.30
24のハズミ—トイレをはさんだユカイな時間— - スサイタカコ

今夏は、触って遊んでココロオドル世界を創りだす、スサイタカコ展をお届けします。色とりどりの不思議なイキモノたちが、ギャラリーBOXに棲みつきました。「ユレダス」「オドリダス」「ヒビキアウ」世界の出現です。これはダァレ?と覗きこんでいると、いつのまにかあなたも。。。あちらでフラーリ、こちらでヒョコリと顔を覗かせる奇妙なヒトたちとの出会いをどうぞお楽しみください。
   
vol. 15 2010.3.4 - 2010.5.31 
ミニ博覧会 - 丸山純子

第15回目となる今春は、横浜を拠点に活動する丸山純子の作品を紹介します。ビニール袋を使った花畑や、石けんやプラスチック製の日用品に、熱を加えて変形させたオブジェのシリーズ。無機的な素材からつくられた作品は、造形的な美しさとともに、「生」を感じさせます。
今回は、ギャラリーBOX 3Fフロアに、ビニール袋を使った花や石けんを用いたインスタレーションも展開します。真摯に素材と向き合い取り組んだ数々の作品が、一同に会する祝祭の空間をお楽しみください。
  ▲GALLERY BOXトップへ


アサヒアートフェスティバルcafe nightシネノマドピースリーマネジメント有限会社十勝千年の森