日時:2007年2月15日(木)
場所:豊島区立朋有小学校
テーマ:手のひらの宝物をつくろう
参加者数:2年1組2組のみなさん、71名
参加者のコメント:
●「十勝千年の森」という言葉にひかれ、岩井さんの思いをうかがってみて、その壮大な企画に大変魅力を感じました。
2年生という小さな子供たちにその思いが伝わるのだろうかとはじめは不安がありました。しかし岩井さんのお話を聞く子供たちのキラキラ輝く目を見て、オブジェを創るうれしそうな姿を見てしっかり伝わったと確信しました。
土粘土の感覚を手のひら全体で感じながら、思いのこもった作品創りがしたいと思いました。そこで「手のひらの宝物」というタイトルで2つペアのオブジェを作り、ひとつを十勝千年の森へ、ひとつは自分の家へと呼びかけました。小さな手のひらにできあがったオブジェをのせた子供達は、大変満足そうでした。とてもすてきな体験をさせていただき感謝しています。
(豊島区朋有小学校図画工作科 瀧田久里子さん)

※オブジェ制作に参加された生徒さんのコメントはこちら。










2007年3月 オブジェが完成しました!
2007年2月15日豊島区立朋有小学校で制作されたオブジェが焼き上がりました。

画像をクリックすると拡大されます。