日時:2007年5月16日(水)
場所:江東区立八名川小学校
参加者数:全校生徒、170人
参加証:No.1416〜No.1590
参加者コメント:
●いわいさんへ
きのうは、びでおをみせてくれてありがとうございます。ほかいどうのもりがとてもきれいでした。わたしもいってみたいな。
きょうはおちゃわんをつくりました。ねんどをこねたときにきもちかったです。
1年1組みなさんのコメントはこちら

●たのしいおはなしありがとうございました。
わたしはずこうでいすをつくりました。
もりにかざるのおたのしみにまってます。
またあそびにきてください。
1年2組みなさんのコメントはこちら

●バックをつくったよ。
わたしは、ねん土でバックを、つくりました。バックの中みを、つくるのがむずかしかったです。わたしには、いもうとがいて、いもうともバックを、つくったってゆってました。おなじだからすこしやだったです。わたしが、しんでもバックがあるなんてすごいですね。ほっかいどうにいけば、わたしがつくったものが、見れるんですね。いわい先生げん気でいてくださいね。
2年生みなさんのコメントはこちら

●千年たったら
図工の時間で「来週は、やき物やるよ。」と言われていました。
でもつぎの週のしゅう会で、北海道にかざることがわかりました。
しゅう会があった日に、図工がありました。作るときどきどきしました。
イメージしていたものとにていたものができてうれしかったです。
この作品が北海道にかざられることがうれしいです。この作品の千年後が見たいです。
作品が千年たったらみんな、わすれているかもしれません。
じしんでこわれているかもしれません。
千年後まであるかなぁ。
3年生みなさんのコメントはこちら

●岩井さんとのすごいけいけん
ぼくは、今日アーティストの岩井さんといっしょにねん土で木を作りました。ビデオでは、北海道の自然を見ました。その森は千年の森という名前でした。ぼくがねん土で作ったのは木でした。
木はむずかしかったけどちゃんとできました。とくに木のえだをくっつけることが大変だった事と葉っぱを葉っぱの感じにすることがむずかしかったです。
ビデオではいろいろな人がいろいろな物をつくっていました。とくに「そうだよな〜。」と、思ったことは、歯医者さんが歯を作っていたことです。
あとすごいと思ったことは、はい色のねん土が白いガラスのような物に変しんするということです。
岩井さんとすごした1、2時間目は楽しかったです。
4年生みなさんのコメントはこちら

●私のフルート
私が作った、作品は、自分のフルートです。なぜ私が自分のフルートを作ったかと言うとお父さんとお母さんから、クリスマスにプレゼントしてもらったから、私にとってとても大切な、宝物だからです。
なので、ずっとさきまで残しておきたいと思ったからです。
5年生みなさんのコメントはこちら

●「イルカ粘土」十勝千年の森への旅
初め、粘土がすべすべだったので、すべすべした生き物を思いうかべました。すると、かわいいイルカの事を思い出しました。
ふたごのイルカにしようと思ったら、サメみたいになってもっとかわいくしたら、やっとイルカらしく見えました。うまくいったのでよかったです。イルカの名前は、「ムル」と「ミル」にしました。「ムル」が旅に出ることになったのでどうなるかが楽しみです。
6年生みなさんのコメントはこちら












2007年7月 オブジェが完成しました!
2007年5月16日江東区立八名川小学校で制作されたオブジェが焼き上がりました。

【追記】
2007年11月30日〜12月2日、校内展覧会にて八名川小学校版「幣のフィールド」が展示されました。

画像をクリックすると拡大されます。