日時:2007年9月7日(金)
場所:文京区立誠之小学校
参加者数:5年2組、3組のみなさん、69人
参加証:No.2742〜No.2810
参加者コメント:
●ちょっとむずかしかったけど楽しかったです。千年残ると思ったらウキウキします。国宝になってほしいです。自分の物が未来の人のためになるとうれしいです。

●私は陶器でトゥーシューズを作りました。手作りで物を作ったりしたのはとても楽しかったです。また、たくさんの作品を作って、いろいろな人に見せたいです。

●私はクマのぬいぐるみを作りました。思ったよりもむずかしくて思い通りに作れませんでした。でも自分の一番大切な物ができたので、できあがりがはやく見たいです。

●すごくたんじゅんな物でもむしてすぐかたまってしまうのでたいへんだった。これが千年のこるということをわすれず作った。

●ぼくは野球をやっているので大切なグローブとボールをうまく作れてよかったです。これからも野球を残したいです。

●1000年の森におく作品の日本列島で苦労したのは、半島を作るところでした。森に作品をおくなんて考えたこともなかったのでいい経験になりました。

●造るものがきまらず少しまよったし、こまった。いつか自分と自分が守りたい人といきたい。

●今日はねん土を使って学習しました。いつもは自分の作りたい物をとまどらないで作っていたけど、今日千年の森のために作っていたので時間がかかりました。なぜなら、自分の変な作品はおいてほしくないからです。自分でがんばった作品なので、早く焼いたあとの作品を見てみたいです。